スポンサーリンク

アオのハコ【2話ネタバレ・感想】少年ジャンプの新連載

ネタバレ&感想

少年ジャンプの新連載の『アオのハコ』2話ネタバレと感想を紹介します!

三浦糀先生による『アオのハコ』の重要な2話がどのような展開になるのか…感想も含めて紹介させていただきます。

\2021年6月1日18時まで限定!/

1,350円分のポイントもう貰った?

スポンサーリンク

アオのハコ【2話ネタバレ】

ここからは『アオのハコ』2話のネタバレになりますので、内容は漫画で読みたい!という方はご注意くださいね!

千夏先輩が猪股の家にやってきた

千夏先輩は家族たちに挨拶をしていた。

家族たちはあっという間に千夏先輩を受け入れているようだ。

 

しかし猪股にとっては日常的な光景であった。

自分の生活の一部に千夏先輩がいるのだから。

自分はこんな生活に耐えられるのだろうかと自問自答もしてみる。

しかも千夏先輩と一緒に暮らす期間は2年間も続くのだ。

2年間というと学校を卒業するまでの間である。

 

これは自分にとってはオリンピックレベルの大きな出来事だと思っていた。

そんなことを考えていると部屋をノックしてお風呂上がりの千夏先輩がやってきた。

猪股はお風呂上がりの千夏先輩の姿にドキドキしていた。

雑念を振り払うように目の前の少年ジャンプに集中する。

 

千夏先輩が少年ジャンプに興味津々だったので貸してあげることにした。

千夏先輩はこうやって日常を過ごせることに安心しているのだと猪股に伝えた。

バドミントンの練習に励む猪俣

いつもよりも気合が入っているように周りから見ても感じた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました