スポンサーリンク

アオのハコ【1話ネタバレ有あらすじ・感想】少年ジャンプの新連載!

ネタバレ&感想

少年ジャンプの新連載の『アオのハコ』(三浦糀先生)1話のネタバレを含むあらすじと感想を紹介します!

\2021年6月1日18時まで限定!/

1,350円分のポイントもう貰った?

スポンサーリンク

アオのハコ【1話ネタバレ】

※ここからはネタバレを含みます!

猪俣大喜はバドミントン部の中学3年生

猪股は体育館でバスケットボールを顔面に喰らってしまった。

パスの練習をしていた バスケットボール部の 流れ弾に当たってしまったらしい。

バスケット部の鹿野千夏が心配そうに声をかけてきた。

猪股はこのスポーツ強豪校のバドミントン部の朝の練習に参加するのが日課だった。

猪俣は誰よりも早く朝の練習に参加するつもりだった。

 

しかしそんな時いつも自分より早く来て練習しているのが 女子バスケットボール部の千夏先輩だったのだった。

千夏先輩は まだ空気も冷たい体育館でひたすらシュートの練習をしている。

そんな千夏先輩のことをが猪股は好きだった。

 

同じバドミントン部の笠原にも千夏の事を相談したりしているが、笠原から見てもやはり猪俣は千夏とは釣り合わないから付き合うのは無理だと思われている。

千夏先輩はああ見えてもバスケ部の次のエースと言われていたのだった。

そして千夏はこの学校だけではなくて他の学校の人達にも人気のある女の子だったのだ。

要するに猪俣と千夏は全てにおいてレベルが違ってしまっていたのだ。

しかし猪股は 挑戦せずにはいられなかった。

今のままでは1回戦敗退レベルの自分だが、 せめて3回戦まで行くような自分になりたいと。

 

新体操部のひなが声をかけてくる

ひなはこの二人とは幼馴染らしい。

試しにひなに女性はどういう男性がタイプなのかと問いかけてみると、ひなはまず第一に頼りがいのある男性が好きらしい。

そして何よりも筋肉美と言い出したところで猪股は話を聞くのをやめてしまった。

 

猪股が練習をしに体育館に向かうとまだ鍵が開いていないのか千夏がドアの前に座っていた。

その瞬間これは話しかけるチャンスかもしれないと心の中で思った。

しかし何か話しかけていいのかがわからなかった。

千夏がくしゃみをしたので寒いのを気遣うようにいろいろやってみたが、 逆に気を使いすぎて笑われてしまった。

 

千夏はマフラーに書いてある名前を見て自分の名前を覚えてくれたようだ。

そうやっているうちに警備員が鍵を持ってきたので二人は練習に励む。

練習の途中でバスケットボール部の監督と千夏が何かを話しているのを見た。

そして練習を終えて部室に帰ると 、体育館にタオルを忘れている事に気が付いて戻ることにした。

スポンサーリンク

体育館では遅くまで千夏が練習をしている

ちなつは今日の練習の自分のプレーに納得がいかなかったらしい。

それで遅くまで一人で練習をしているのだった。

千夏はせっかくだからと自分を1on1に誘ってきた。

 

しかしバスケットボールは慣れていないので走行へばってしまう。

猪股は中学校の最後の試合の後千夏が体育館で一人で練習をしていたことを思い出したと伝えた。

猪股からそれを聞いて千夏はハッとしたような顔になった。

 

朝学校に向かう時にテーブルに置いてあった雑誌を見るとなんと千夏がのっていた。

実は猪股のお母さんと千夏のお母さんは昔チームメイトだったらしい。

 

 

 

(ここでのセリフは実際の作品内のセリフとは正確には異なりますが、意味は変わりません。)

アオのハコ【1話の感想】

三浦糀先生、 読み方は難しいですがみうらこうじと読みます。

マンガボックスで卓球の漫画と、 週刊少年マガジンで ラブコメの漫画を連載されてましたね。

どっちも早い段階で終わってしまったので 個人的にはツーアウトの作家という印象が残っています。

それでどんなもんかと思って読んでみたのですが悪くないですよね。

 

あやかしトライアングルがニッチな方向に行っているのでちょうど今の週刊少年ジャンプはラブコメ不足になっています。

三度目の正直なるかといったところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました