スポンサーリンク

【ネタバレ感想4話】100人の英雄を育てた最強預言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます

ネタバレ&感想

こちらの記事では裏少年サンデー『100人の英雄を育てた最強預言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます』(原作:あまうい白一 キャラクター原案:天野英 作画:響眞樹)4話のネタバレを含むあらすじと感想を紹介します。

 

『100人の英雄を育てた最強預言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます』とは預言者であるアイゼン・オーティスが100人の弟子たちの元を巡るお話です。

探し物をしているという女性を助け、鍵を見つけたアイゼンは、感謝と共に必ず礼がしたいと
街の錬金術師の店を紹介されて…。

\好きな漫画が無料で読める!/

1,350円分のポイントもう貰った?

スポンサーリンク

100人の英雄を育てた最強預言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます【4話あらすじ】

預言魔法によって、失くし物をして困っていた女性を助けたアイゼン。

大地の精霊の力を借り、その言葉を聞くことで探し物をする基本的な預言者の力を使ったものの、彼女にとっては初めて見る魔法のようでした。

アイゼンが以前、こちらの世界で暮らしていたときは預言者自体は少なくなっていたために、彼女が不思議に思ってもそれほど気にしなかったものの、その考えは街で崩れます。

開拓都市、サジデールについた2人。

その街のグローバルギルドと呼ばれる、旅に必要な身分証である「グローバルカード」を発行してくれる建物へと向かいます。

そこでは職業を登録することになっているのですが、アイゼンは預言者として登録しようとしたところ、担当の女性には怪訝な顔をされてしまって…。

スポンサーリンク

100人の英雄を育てた最強預言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます【4話のネタバレと感想】

今回も説明パートが多めになっていますので、順に説明していきますね。

まずは探し物をしていた女性ですが、探していた鍵をアイゼンの預言魔法で見つけました!

前回は、「言葉を預ける〜」なんて魔法の使い方でしたが、今回は「言葉を預けてくれ」と
大地の精霊の力を借りる預言魔法を使っており、預言魔法にもいろいろ種類がありそうですよね!

ある意味、なんでもできるオールラウンダーだなぁと見ていました!!

鍵が見つかって嬉しそうな彼女は凄く可愛いのですが、喜びが大きかったせいか、お礼をさせてくださいってことと『錬金術の庭』という店に来てくださいね!なんて台詞だけ言ってしまった彼女。

結局、今回も名前を知ることはできませんでした!!

ただ、凄く可愛らしい女性だったので、また会えることを期待しています!!

 

それから、グローバルカードという通行証のようなカードを作ることにした2人。

ちなみに、こちらのグローバルカードを発行しているのは、ギルドという大きな機関で、そこのトップであるギルドマスターはアイゼンの弟子のうちの1人だそうです!

今回は登場がなかったものの、そろそろ弟子が登場してもおかしくないので期待したいとは思うのですが、シルエットにケモ耳がついているのが気になります!!

どんな弟子なのか、楽しみですね!

 

それからこの世界についてもう少しお話があって、主にこのグローバルギルドで職業を登録すると、殆どの人はカンパニーに入って働く人が主なようで、カンパニーに入らず世界を巡る『冒険者』を選ぶ人は珍しいなんて設定がありました。

なんというか、この世界にも社畜精神があるのか、悲しい現実ですよね。

このカンパニーにもブラックやホワイトなんて違いがあるのかなぁとついつい考えてしまいました!

それから、アイゼンが預言者として職業を登録しようとすると、怪訝な顔をされる展開があって。

そこで預言者は15年前に絶滅したなんて聞かされるアイゼン。

そうして、さらにもう一つ預言者に関しては噂があるようで…というところでお話が終わってしまいます。

次回が気になる展開ですよね!

 

今回のお話のメインは、20年ぶりに帰ってきた人間界で、時代の流れを感じている浦島太郎状態のアイゼン。

いろいろ振り回されている感じがすごく面白いなぁと思います!

次回の展開も楽しみです!

\好きな漫画が無料で読める!/

1,350円分のポイントもう貰った?

コメント

タイトルとURLをコピーしました