スポンサーリンク

【ネタバレ感想2話】100人の英雄を育てた最強預言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます

ネタバレ&感想

こちらの記事では裏少年サンデー『100人の英雄を育てた最強預言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます』(原作:あまうい白一 キャラクター原案:天野英 作画:響眞樹)2話のネタバレを含むあらすじと感想を紹介します。

『100人の英雄を育てた最強預言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます』とは預言者であるアイゼン・オーティスが100人の弟子たちの元を巡るお話です。

リンネと共に、人間界へ向かったアイゼン。

それを何より心待ちにしていた男がいて…?

\好きな漫画が無料で読める!/

1,350円分のポイントもう貰った?

スポンサーリンク

100人の英雄を育てた最強預言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます【2話あらすじ】

アイゼンは弟子であり、共に住んでいたエルフのリンネと共に、人間界へ向かうこととなります。

20年ぶりに異界から外の世界へ向かうアイゼンとリンネ。

そんな様子を妖精太上皇が送りに来てくれました。

太上皇はアイゼンがこの異界で過ごす上でお世話になった人であり、そのかわりに彼女の子供たちである精霊の子たちに力の使い方をを教えていました。

何かあれば、また助けになるという彼らにお礼を言って人間界へ向かうアイゼンたち。

しかし、そんな様子を人間界の中央都市であるレーガの国王では感じ取っていて…?

スポンサーリンク

100人の英雄を育てた最強預言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます【2話のネタバレと感想】

なんだかバタバタしそうな展開になってきました!

順に説明していきますね!

 

まずは、異界を後にすることに決めたアイゼンとリンネ。

リンネは、いつかこんな風にアイゼンが急に旅に出る日が来るかもしれないと準備をしていて、アイゼンが旅に出ると決めたらすぐに自分の準備を終えているんですよね。

それだけじゃなく、今まで弟子たちから送られてきた手紙の内容も全て覚えており、アイゼンにいつでも教えられるようにしていたリンネ。

なんかすごく健気だなぁと思える展開でした。

それから、リンネはアイゼンに「俺の世話はもうしなくて良いんだぞ」なんて言われるシーンもあって。

2人の関係が弟子以外にどんな繋がりがあるのかはまだ明かされていないものの、リンネは絶対、師匠として以上の思いを抱いていますよね。

そんな2人のやりとりが凄く可愛く思えましたし、今後の展開もすごく楽しみです!

 

それから、異界についての説明もあって、前回の記事ではアイゼンが口調から、実年齢は見た目より歳を取っているんじゃないかと推測していたのですが、そもそも異界では時間の流れが特殊で肉体の老いが遅いなんて説明がありました。

なので、20年経っても、以前と同じ姿のアイゼン。

そんな姿で弟子たちに会いにいくので、どんな反応をするのか楽しみですよね!

特に、今回ちらっと描かれていレーガという中央都市国家の国王であるデューク・ダリオというアイゼンの弟子である新キャラがいるのですが。

師匠であるアイゼンの帰りが待ち遠しすぎて、国王でありながら私財を投げうってまでずっと、アイゼンが帰ってくる兆しを探し続けていたんですよね。

そうして今回、預言者が現れるなんて預言を受けて大喜びするデューク。

ただ、時期や日付、場所なんかもわからなくて、まだまだ曖昧な預言ではあるのですが、デュークはすでに警備隊にアイゼンのことを探させるみたいで、ものすごく愛が重そうなキャラです!!

それから、「お持て成し」しないとと、メラメラ燃えてる感じ、絶対空回りしたり、事件が起きたりしそうだなぁと思えるキャラでもあって、次回からの展開もすごく楽しみです!!

 

一方で、アイゼンとリンネは光の扉という異界と人間界をつなぐ扉を通って「開拓の都市」にやってきました。

ですがそこで、何故かアイゼンの持っている杖の先が光ります。

それはアイゼンが【封印した力】に反応しているらしく、今回それについては詳しく明かされないままお話は終わってしまいました。

 

封印した力はなんなのか?

そして、デュークの暴走具合は大丈夫なのか?

次回のお話も楽しみな展開です!!

\好きな漫画が無料で読める!/

1,350円分のポイントもう貰った?

コメント

タイトルとURLをコピーしました