スポンサーリンク

鬼獄の夜139話【最新話ネタバレ・感想】7月21日マンガMEE掲載

ネタバレ&感想

こちらの記事では『鬼獄の夜』(加藤キャシー)139話のネタバレを含むあらすじと感想を紹介します。

\\アニメデザイン登場!3つのデザインから選べる!//

今、新規入会すると
  1. サコッシュがもらえる!
  2. 新規入会より1ヶ月間、マルイ・マルイの通販、モディでいつでもエポスカードのご利用10%OFF(一部対象外商品・ショップあり)
スポンサーリンク

鬼獄の夜【139話ネタバレを含むあらすじ】

ここからは『鬼獄の夜』139話のネタバレを含む内容です。

えりかの本当の名前は

美空はエリカに対して鏡を突きつけています。

後から柴に羽交いじめにされていますがそれをものともしていないように見えます。

えりかはかつて鬼に封じられたお姫様だったのです。

えりかの本当の名前は紫蝶。

それを聞いてえりかはライフルを地面に投げ捨てました。

その名前が自分の頭の中に鳴り響いています。

柴は怒って美空を蹴飛ばした

柴は美空を蹴り上げます。

美空の体は鏡と一緒に飛んでいきました。

柴は昔の名前など関係なくお前はエリカだと言っています。

えりかは鬼のためだけに存在するのだと。

柴がそんなことを言いながらライフルを拾おうとすると恭平がライフルを切り上げて遠くに弾き飛ばします。

美空はえりかに記憶を取り戻すように呼びかけています。

灰原が一生懸命解読した呪いの全容をえりかに聞かせようとしています。

鏡の中には一族を末裔までしばりつける呪いの全容が描かれていました。

そこに書いてあった名前がえりかの本当の名前では無いのかと生原は解読したのでした。

鏡の中に隠されていた名前自体が呪いの鍵になっているのではないのかと。

それを聞いて美空はとあることを思い出しました。

えりかは不自然に記憶の1部が欠落していたからです。

本当の名前を奪われていたからなのでしょうか。

しかしここでもう一つの衝撃的なことを伝えました。

鏡の中に隠されていた名前は2人分

鏡の中にかくされていた名前はえりかの名前だけではなかったのです。

灰原はもう一つの名前を見つけました。

美空はもう一つの名前を声に出して伝えました。

かくされた名前はーー

司馬陰斗。

それはかつて紫蝶を愛していた1人の男の名前だったのです。

その名前は顔なし鬼の名前であると。

樹海全体にエリカの叫び声が響き渡りました。

柴は鬼に名前なんかないと叫んでいます。

えりかは柴の背中に腕を回しています。

えりかはすべての記憶を思い出したようです。

 

(ここでのセリフは実際の作品内のセリフとは正確には異なりますが、意味は変わりません。)

スポンサーリンク

鬼獄の夜【139話のネタバレと感想】

次回は過去のエピソードが描かれるようです。

えりかの子孫が柴だったと言う事ですね。

鏡の中に名前が封印されることになった原因が次回わかりそうです。

\\アニメデザイン登場!3つのデザインから選べる!//

今、新規入会すると
  1. サコッシュがもらえる!
  2. 新規入会より1ヶ月間、マルイ・マルイの通販、モディでいつでもエポスカードのご利用10%OFF(一部対象外商品・ショップあり)

コメント

タイトルとURLをコピーしました