スポンサーリンク

鬼獄の夜138話【ネタバレ・感想】7月14日マンガMEE掲載

ネタバレ&感想

こちらの記事では『鬼獄の夜』(加藤キャシー)138話のネタバレを含むあらすじと感想を紹介します。

\好きな漫画が無料で読める!/

1,350円分のポイントもう貰った?

スポンサーリンク

鬼獄の夜【138話ネタバレを含むあらすじ】

ここからは『鬼獄の夜』138話のネタバレを含む内容です。

再び立ち上がる灰原

灰原はどのくらい意識を失っていたのでしょうか。

意識を失っている途中でも美空の声が頭の中に響いていました。

薄れゆく意識の中で今までのことを走馬灯のように思い出していました。

灰原はかつて美空と食事をしたりドライブをしたり普通の恋人のようなことをしていました。

そして美空のほうから誘われたことも覚えています。

灰原は全てを解決して帰ると約束したので立ち上がらなければいけないと再び意識を取り戻しました。

灰原は立ち上がりましたが自分の体が鉛のように重いことに気が付きました。

そして思考も揺らいで目も開かない状態。

美空はそれを見て、えりかは元の姿に戻ってこの近くにいると教えてあげました。

灰原は少し気を抜くと再び意識を失ってしまいそうで必死に堪えています。

そして最後の力を振り絞って美空に伝えたいことがあったのでした。

灰原は呪いを解読していた

恭平と柴はそのころ、取っ組み合いのバトルをやっています。

柴は肘打ちを食らわせると恭平は膝を付きました。

柴は手に入らない女のために自分の体を張って何の意味があるとあざけ笑っているようです。

ヒーロー気取りなら他の所でやると。

恭平はそれを聞いて逆上して柴につかみかかりました。

恭平は今の自分には美空も鬼も関係ないのだと言っています。

恭平は目の前の柴にかたないと気が済まないと言っているのでした。

えりかはライフルの引き金を引こうとしていた

そんな2人の男たちの戦いを見ながらえりかはもう充分だと言っています。

えりかはライフルの先を自分の顎に合わせます。

えりかはこのまま全てを諦めてしまえば楽になれると思っていたのでした。

柴とえりかの間に美空がわって入りました。

美空は鏡をえりかの前に差し出します。

鏡を解読したところなんと失われたイルカの名前が判明したのでした。

 

(ここでのセリフは実際の作品内のセリフとは正確には異なりますが、意味は変わりません。)

スポンサーリンク

鬼獄の夜【138話のネタバレと感想】

意外とあっさりえりかの本当の名前が判明してしまいました。

来週はまた平安時代あたりの昔のエピソードになるのでしょう。

足掛け2年近くかかった連載もクライマックスに来ていると思います。

\好きな漫画が無料で読める!/

1,350円分のポイントもう貰った?

コメント

タイトルとURLをコピーしました