スポンサーリンク

ランウェイで笑って193話【最新話ネタバレ・感想】7月7日掲載少年マガジン

ネタバレ&感想

こちらの記事では少年マガジン『ランウェイで笑って』(猪ノ谷言葉)193話のネタバレを含むあらすじと感想を紹介します。

\好きな漫画が無料で読める!/

1,350円分のポイントもう貰った?

スポンサーリンク

ランウェイで笑って【193話ネタバレを含むあらすじ】

ここからは『ランウェイで笑って』193話のネタバレを含む内容です。

最終ルックに観客の反応は

千雪のお父さんは感情的になってこのショーを見ているようです。

このショーのコンセプトは何だったんだろうか。

育人はこれは人生を描いたショーだと考えていました。

2人1組で人が生きていく上での関係を描いたショー。

育人が用いるコンセプトとしているのはそのためのデザイン。

人のためにものを作ると言う事はその人が持っている美しさを追求すると言うこと。

そんなことができる人がいるなら人は流行よりも育人のブランドを選んでしまうかもしれない。

人が美しく見えて最も魅力的に映る瞬間を育人はとらえはじめていました。

シャルロットは千雪と同じステージに立つ

シャルロットの関係者たちはこんなことなら千雪と同じステージに立たすのではなかったと後悔していました。

ケンジは固唾を呑んでこの2人のステージをみまもっています。

ケンジはシャルロットよりも千雪の才能をいち早く見抜いていました。

千雪はシャルロットにお父さんを心配してくれてありがとうとステージの上でお礼を言うのでした。

拍手喝采でショー終わっていく

育人も最後にお客さんの前で挨拶をします。

お客さんたちがスタンディングオベーションをしています。

今日この1日がファッションにとっての革命になるということはそこにいた人全ての人が感じ取っていた。

映画監督はこれからこの2人を使って撮る映画作品のタイトルのこの時決めます。

映画のタイトルはスマイルアットザランウェイでした。

 

(ここでのセリフは実際の作品内のセリフとは正確には異なりますが、意味は変わりません。)

スポンサーリンク

ランウェイで笑って【193話のネタバレと感想】

お父さんの親ばかエピソード懐かしいですね。

あれは賛否両論だったことを覚えています。

これが最終回に向けての伏線だったとは。

でもプライベートブランドって言う言葉はだいぶ昔からありますし、流行とかけ離れたブランドってそんなに珍しくないと思うんですけどね。

結局そのブランドがたくさん売れたらそれが流行になりますから。

今までCDが主流で誰も見向きもしなかったカセットテープやレコードが売れ始めて、ついにCDの売り上げを抜いた事と全く意味は同じじゃないでしょうか。

\好きな漫画が無料で読める!/

1,350円分のポイントもう貰った?

コメント

タイトルとURLをコピーしました