スポンサーリンク

鬼獄の夜137話【ネタバレ・感想】7月7日マンガMEE掲載

ネタバレ&感想

こちらの記事では『鬼獄の夜』(加藤キャシー)137話のネタバレを含むあらすじと感想を紹介します。

\好きな漫画が無料で読める!/

1,350円分のポイントもう貰った?

スポンサーリンク

鬼獄の夜【137話ネタバレを含むあらすじ】

ここからは『鬼獄の夜』137話のネタバレを含む内容です。

洞窟には声が鳴り響いていた

この洞窟の中で声が聞こえれば体を動かすことができないと思っている1人の男がいる。

その男と言うのは一体誰なのであろうか。

男は拳を握りしめて再び立ち上がろうとしていた。

その頃美空は鎖を振り回して鏡を壊そうとしていた。

柴はそれを見てライフルを構える。

ライフルの引き金に指をかけた瞬間、柴に上から攻撃を加えようとしている男が現れた。

それは恭平であった。

恭平はキックを食らわせて柴はふき飛んでいった。

恭平は息を切らしているが何とか無事らしい。

灰原も立ち上がった

灰原は頭から血を吹き出しながらも、美空のスニーカーに手をかけた。

鏡を壊すなど馬鹿な事はやめろと止めに来たのだった。

2人の男たちは密かにあきらめるなと叫んだ。

しかし声はいいが2人ともやっとの思いでその場所にいる。

柴はようやく起き上がった。

おまえたちが失ったものは1部に比べたらものすごく少ないと言っている。

自分にはもう主様しかいないのだと。

その唯一の主様を奪う権限はお前にはないと言って恭平に拳を食らわせるのであった。

素手でのなぐりあいは上等として子供2人はなぐりあった。

二人が戦っている間に呪いを解除できるのではないか

傭兵は自分たちが戦っている間に呪いを解除しようと美空に指示をした。

灰原は地面を這いつくばっていた状態からようやく起き上がったようだ。

灰原はえりかを探している。

既に視界がぼやけて見えなくなっているらしい。

美空はえりかは元の姿に戻ってすぐ近くにいると説明した。

灰原は美空の耳元で何かささやいたようだ。

近接戦闘をした2人の男たちは、このところ恭平が優勢に戦っていた。

そんな時えりかはライフルに手を伸ばしていた。

 

(ここでのセリフは実際の作品内のセリフとは正確には異なりますが、意味は変わりません。)

スポンサーリンク

鬼獄の夜【137話のネタバレと感想】

恭平はともかく灰原がこの状態で起き上がれるのはちょっとおかしいんですけどね。

これはるろうに剣心でも全く同じシーンがあったので、漫画ならではとは言えるでしょう。

えりかはどっちの味方をするのでしょうか。

\好きな漫画が無料で読める!/

1,350円分のポイントもう貰った?

コメント

タイトルとURLをコピーしました