スポンサーリンク

カラーにくちづけ【2話ネタバレ有あらすじ・感想】

ネタバレ&感想

こちらの記事ではプラセボ『カラーにくちづけ』(OOY)2話のネタバレを含むあらすじと感想を紹介します。

 

『カラーにくちづけ』はDom/Subユニバースの世界でのお話です。

DomはSubの性格の人を【支配したい】欲求があり、一方でSubはDomから【支配されたい】という欲求があります。

そんな世界で、ミキはSubの性別に苦しんでいました。

過去のトラウマからDomに苦手意識を持つミキですが、森屋はDomでありながら優しくて…。

\好きな漫画が無料で読める!/

1,350円分のポイントもう貰った?

スポンサーリンク

カラーにくちづけ【2話あらすじ】

森屋に触られたことが忘れられず、自宅でも自慰をしてしまうミキ。

前回は彼の元を逃げるようにして出てきたものの、またベビーシッターの依頼が来たことから、ミキの足はつい、彼の家へ向かってしまいます。

一方で森屋は、ミキを怖がらせたくないと感じていました。

基本は学生時代にはすでにDom,Subの性別を持っている人はわかることが多いものの、森屋は大人になってから、何故かDomの性別に目覚めて。

そんなことから、Domとしての経験が少ない森屋は、Subであるミキとはどう関係を作るべきなのか悩んでいたのです。

しかし、ミキに本能的に惹かれていた森屋は、未来の首にあるカラーに悩んでいました。

カラーをつけているということは、ミキには彼を支配するパートナーであるDomがいるはずで、森屋が入る隙はないからです。

そんな中、ミキに潮という名前で書いている小説のファンだと告げられ、森屋は余計に彼に惹かれて…。

スポンサーリンク

カラーにくちづけ【2話のネタバレと感想】

今回、1番はやっぱり、森屋がミキの髪を乾かしてあげる展開で!!

Domの森屋は【支配したい】とか【甘やかしたい】なんて欲求があるので、ミキにドライヤーをさせてほしいとお願いするのですが。

「駄目?」なんて、寂しそうに見つめられて、断れるはずないですよね!

おっさんの森屋相手に、ミキが断りきれないそんなシーンはもう最高でした!!

 

そうして、撫でたり、毛先に触れたりする森屋のめちゃくちゃ甘々なので、是非、そんなやりとりは読んで楽しんでもらえればと思います!

それから、森屋はミキがパートナーの証であるカラーをつけていることから、既にミキには想い合ってるDomがいると思っているんですよね。

わかりやすく言えば、森屋が既婚者であるミキに惚れちゃったみたいな関係です!

もう読んでいて美味しすぎる展開ですよね!

 

ミキは学生時代に無理矢理Domに支配されて、カラーもつけられて。

けれど、それを知らない森屋はミキに惹かれているけど、諦めなきゃと感じている。

そんな2人のすれ違いが、凄くハラハラしちゃう展開です!

今回、ラストではミキが森屋に甘やかされて、もっとして欲しいとキスをねだってます!!

次回はどうなってしまうのか、楽しみな展開です!!

\好きな漫画が無料で読める!/

1,350円分のポイントもう貰った?

コメント

タイトルとURLをコピーしました