体感予報【1話ネタバレ】なぜ晴れの日の前だけ?理由にキュンとする!

鯛野ニッケ先生のBL漫画『体感予報』はかなり高評価を得ていますね!

天気予報士の瀬ヶ崎は晴れの日の前だけ、一緒に住む売れない漫画家の葉の体を求める…。

「晴れの日の前だけ」しか抱かないのには優しい理由があったんです。

 

「晴れの日の前」しか抱かない理由は?とネタバレが気になっている方が多いようなので、紹介していきます♪

 

体感予報はシーモアだけで配信中!

↓↓↓↓↓↓↓

体感予報【ネタバレ】1話

棚田葉(ハンドルネーム)は男性向け漫画を書いている売れない漫画家。

女性の裸を書きながら天気予報だけを流しているライブチャンネルを一日中みている。

お目当は気象解説員として出演している瀬ヶ崎瑞貴のようだ。

 

瀬ヶ崎の「明日は晴れ」という言葉に、葉は頬を赤らめる。

 

葉の友人「万さん」から電話がかかってくる。

瀬ヶ崎の出演するコーナーを5回も見たことを言うと「本当に好きだよね〜」とからかわれるが

 

「好きじゃない。世界中に存在する顔の中で一番好きな造形ってだけで、別に瀬ヶ崎瑞貴は好きじゃない。」と否定する。

 

瀬ヶ崎は知的な話し方、物腰の柔らかさ、柔和な微笑みで人気が高く、天気予報番組に出演してから視聴回数は100倍に爆上がりしているのだ。

それなのに葉は

「そういうところも含めて大っ嫌いなんだよ…」と言う。

 

万さんと漫画の評判が悪かったと話をしていると、後ろから

「葉」

「お前、また女と通話してんのか」

「俺帰ってるんだけど」

 

電話を切って振り帰り「…おかえりなさい…」と言うと

瀬ヶ崎はただいまも言わずに

「めし」

と一言。

 

瀬ヶ崎はテレビでの気象予報士の姿とプライベートでは完全に性格が違うのだ。

 

わがままな瀬ヶ崎のリクエストに答える為に、カレールーだけを買いに自転車を走らせる葉。

文句はいくらでも浮かんでくるが結局したがってしまう。

 

「はー?シーフードかよ、豚がよかったのに」

カレーをかき混ぜる葉に瀬ヶ崎は後ろからハグをして

 

「なー葉、あの女だれ。通話の」

と聞きながら、葉の体を触ってくる。

 

葉は「明日は晴れ」という瀬ヶ崎の言葉を思い出す。

 

(この男は腹が満ちたら俺を抱くだろう)

 

(最悪、なんだよそのルーティーン)

葉はそんな思いも口に出さない。

=====葉の回想=====

「これから晴れの日の前にするから」

「…準備しとけよ」

================

葉にとって「晴れ」という言葉は、まるでやらしい言葉のように刷り込まれていた。

 

(わかってんのか。あんたの口から予報を聞いてどんな気持ちになるのか。)

(あんたが帰ってくるまでにどんな支度をするのか)

(一生考えもしないだろうな)

葉は恋人でもない自分に平気で体を求める瀬ヶ崎に不満を抱えつつ、文句を言えない事情があった。

 

瀬ヶ崎は葉の大学の先輩だった。

瀬ヶ崎は葉が漫画家では生活できないから就職をしようとするのを知って、こう言われたのだ。

「衣食住の金は保証してやるから俺んところに来い、そこそこ高給取りになる予定だから」

「その代わり俺の言うこと全部聞け」

 

それから葉は瀬ヶ崎に求められるまま従ってきた。

まぜ晴れの前だけなのか意味もわからず不満に感じながら…。

 

 

そんなある日、天気予報に出る瀬ヶ崎の口から「梅雨入り」の言葉が聞こえた。

「えーと、じゃあしばらくないのか…」

と落ち込む自分に気づき、葉は自分の頬を叩いて「やった!しばらくやらなくていいんだ!」と訂正する。

 

梅雨の日が続き、瀬ヶ崎の帰りも遅く触れられることもない日々が続いた。

瀬ヶ崎の出演する番組には新しい女のキャスターが入ってきて胸元の開いた衣装で話題になっているようだ。

 

瀬ヶ崎は残業続きで、葉は瀬ヶ崎との交流がない日々でお互いに疲れが溜まっている時だった。

 

瀬ヶ崎が久しぶりに仕事を早く切り上げて家に帰ると葉がキッチンにいない。

部屋の中を探すと、お風呂場で葉がおもちゃを使って泥酔した状態で自慰していたのだ。

 

瀬ヶ崎は己を失ったような葉を見て、慌てて止める。

「てめぇ、人が我慢してやってんのにいい度胸してんな」

そう言って瀬ヶ崎は座り込む葉に上からキスをする。

 

「いやだ!はなせ。はなせ!」という葉を瀬ヶ崎が介抱して話を聞くと

「俺は売れっ子漫画家になって、早くここを出て行くんだ」という。

焦る瀬ヶ崎に

「平気で抱かれてると思うなよ。俺のこと好きでもないくせに」

「家事機能がついてる丁度いい穴くらいにしか思ってないくせに」

「そんなにやりたきゃ隣のビッチとやってろよ」

と葉は酔った勢いで溜めていた不満をぶちまける。

 

そして

「俺はあんな風に笑いかけられたことがない」

と瀬ヶ崎の優しい笑顔を書いたスケッチ用紙を投げつけたのだ。

 

「もう疲れた、あんたといると疲れる」

と座り込む葉に

「…お前酒入るとめちゃくちゃ喋るんだな」と瀬ヶ崎は頭を撫でる。

 

「なんで雨の時はダメなの?」

葉はずっと意味がわからなかったことを聞いた。

 

すると瀬ヶ崎からは「お前が言ったんだろ」と予想外の返事が帰ってきた。

 

葉が瀬ヶ崎の部屋に引っ越してきて初めてした後、葉は「シーツ一つしかないんだ、どうしよう…乾くかな」と言ったようだ。(葉は全く覚えていない)

瀬ヶ崎は洗濯に困らないようにと考えて「晴れの前の日」に限定していたのだ。

 

予想だにしない回答に酔いが一気に冷めた葉にさらに瀬ヶ崎は

「なんださっきの言い草、出て行くだの、好きじゃないくせにだの…お前

俺のプロポーズ受けておいてよくそんなこと言えるな」

 

(「衣食住の金は保証してやるから俺んところに来い」がプロポーズだったのだ…。)

お互いに言葉足らずすぎた二人はベッドに入って仲直りのキスをした。

体感予報はシーモアだけで配信中!

↓↓↓↓↓↓↓

体感予報【1話】感想

瀬ヶ崎がイケメンで葉はかわいいよりのイケメン、絵が文句なく綺麗です!

イケメン瀬ヶ崎にはビシっとスーツを着せて、葉はゆるいパーカーを着せて、最後はお尻が半分見えてるところとか、さすがわかってるな〜という感想です(笑)

 

二人の裸のシーンだけでなく、キスや火照ってる顔だけでもしっかりエロくて高評価を得ているのも納得の作品でした!

 

ネット上の感想をのぞいてみると

宣伝で表示されていて、どうしても気になり何故かシーモアしか発信されてないので登録してしまいました。
読むまで苦労しましたが、結果とても良かったです!登録してでも読む価値有ります。

まだ一話ですが(というか続けてください先生!)詰まってますね。愛もエロも詰まってます。ストーリーも上手。後味も良い。

 

読んだら驚きがあったので感激した
あんなに、何パターンも宣伝で見ちゃってるのに!
すごい上手なんだなって本当に感心してしまった

など高評価の声が多いです!

 

体感予報が読めるのは現状シーモアだけ。

初めて登録される方は50%OFFのクーポンが使えますよ♪

↓↓↓↓↓↓↓

まとめ

体感予報【1話ネタバレ】「晴れの日の前」しか抱かない理由は?を紹介しました。

体感予報の続編はまだ出ていませんが、人気があれば出ることになるとおもうので、ぜひ多くの人に知ってもらって続編も出て欲しいな〜と思いました!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

 

体感予報はシーモアだけで配信中!

↓↓↓↓↓↓↓

コメント

  1. […] 都内在住のペット飼育初心者の方! これから代々木公園で散歩やドッグランをする機会があるかもしれないですよね。 実は、私自身も半年の犬を飼っていて初心者です。 代々木公園で遊んだ後に入れるペット同伴可能なカフェについてご紹介… スポンサーリンク 体感予報【1話ネタバレ】なぜ晴れの日の前だけ?理由にキュンとする! […]

タイトルとURLをコピーしました